アパートを借りることができる期間は?最短の契約期間は?

HOME > コラム > アパートを借りることができる期間は?最短の契約期間は?


アパートを借りるときには、物件によって契約期間が異なります。

今回の記事では、アパートを借りることができる期間を知りたい方に向けて、一般的な契約期間を紹介していきます。

アパートを借りることができる期間

アパートは貸主の承諾があれば、何日でも借りることができます。

一般的には1〜2年以上の契約期間を設けている場合が多いです。

契約期間が1年〜2年に設定されている理由は、借地借家法29条に関係しています。

1年未満の期間を定めた時は「期間の定めのない賃貸借契約(借地借家法第29条第1項)」とみなされる。
引用元:国土交通省

つまり、貸主保護のために、1年未満の契約は避けられています。

ですが、便宜上契約期間を決めているだけで、必ず契約期間内は住み続けなければいけないというわけではありません。

賃貸物件の契約では必ず「解約予告期間」が設定されており、退去したい日よりも前に予告することで、自由に解約することができます。

物件にもよりますが、住宅のリフォームや単身赴任中など、短期間での契約を希望する場合は、1年未満でも契約することができます。

借りる期間が1年未満なら「定期借家契約物件」がおすすめ

賃貸契約には「普通借家契約」と「定期借家契約」があります。

「普通借家契約」は、契約更新をすることで、同一の物件に住み続けることができます。

貸主は、正当な理由がないかぎり、借主の契約更新を拒否することはできません。

一方「定期借家契約」は同じ物件に住める期間が決められています。

契約期間を経過したら、必ず家を明け渡さなければいけません。

一般的には「普通借家契約」は貸主にメリットが多く、「定期借家契約」は条件によっては借主にメリットが多い賃貸方式です。

1年未満の短期間だけ部屋を借りたい人にとっては、「定期借家契約」の物件を選べば融通が利くでしょう。

また、「定期借家契約」は礼金が不要(もしくは低価格)であったり、家賃が相場よりも低かったり、金銭面でもお得な場合が多いです。

アパートの契約期間を延長する手続き


アパートの契約期間を延長するときは、自動更新と手動更新にわかれます。

自動更新の場合は、特に借主が手続きをしなくても、契約期間満了時に自動的に契約が更新されます。

手動更新の場合は、借主が更新手続きを行います。

手続き方法は契約内容によって異なりますが、契約期間が満了に近づくと、不動産仲介会社から連絡がくる場合が多いです。

指示された内容に沿って更新手続きを行えば問題ありません。

また、借りる期間を延長する場合は、契約更新料が必要になる場合が多いです。

契約更新料は家賃の1ヶ月前後が相場となっています。

不動産仲介会社が入っている場合は、更新手数料が必要な場合もあります。

契約更新料が不要な物件であれば、更新料と更新手数料は不要です。

アパート契約期間内の途中解約は違約金が発生

賃貸契約を結んだとしても、何かしらの事情で退去しなければいけないときもあります。

その場合は、契約内容にもよりますが、違約金が発生します。

1年や2年未満で退去する場合は、1ヶ月〜2ヶ月分の家賃が違約金として発生するケースが多いです。

家賃が10万円であれば、10万円〜20万円の違約金が必要になります。

ただし、違約金が発生しない物件もあります。

違約金の有無は契約を結ぶときに必ず説明があるので、確認しておきましょう。

まとめ

アパートは貸主の承諾があれば、何日でも借りることができます。

一般的には1〜2年以上の契約期間を設けている場合が多いです。

単身赴任や自宅のリフォームなどで、短期間アパートを借りたい場合は、不動産屋に相談してみましょう。

深川商事でも千葉県市原市を中心に物件を多数紹介しております。

お客様の希望にあった物件をお探しいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ


Copyright© 2018 – 2021 fukagawa-epm All Rights Reserved.